​​ホーム 催眠術とは > 催眠暗示の力

​​成りたい自分に成れないのはなぜか?

---本当に自分が望んでいるか---

自分を変えたいと思って、行動を初めても、途中で挫折してしまうのはナゼだろう。

自分自身の事なのに、なんで自分が思う通りに自分自身をコントロールする事が出来ないのだろう。
​例えば、痩せたいと思っても、ついつい甘い物を食べてしまうのはナゼだろう。

そんな経験は誰にでもあります。

日々のやらなければいけない事の対応で、その疑問を解決しないまま、日々を過ごし、また、同じ失敗をする事もあると思います。

 

実はその答えは非常に簡単でした。
意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)が同じ事を考えていないからです。

無意識(潜在意識)は字の通り、意識出来ない場所です。記憶による本能的な行動や感情が蓄積される場所です。

意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)の心(脳)を占める割合は ’1:9’ で無意識(潜在意識)の方が多いと言われています。

その割合に比例し、無意識(潜在意識)の方が、強力は力を持っています。人も動物なので、本能には弱いと言う事です。

無意識(潜在意識)と意識(顕在意識)の関係は氷山と同じです。水面に出ている部分が意識(顕在意識)、水面下の90%が無意識(潜在意識)です。

​下の図で簡単にイメージしてみましょう。

​当セラピーでは催眠を用いて、無意識の望んでいる方向性と意識下で望んでいる方向性を整える様、施術いたします。

​うまく行かない場合

無意識と意識が異なる方向を向いている

いくら自分が「こう成りたい」、「変わっていこう」と考えても、その思いは氷山の水面から出ている部分にしか影響しません。
つまり、全体の10%にしか影響しないのです。

一方、水面下の自分が本能的にやりたい事は、全体の90%に影響を及ぼします。

図の様に、無意識(潜在意識)と意識(顕在意識)が異なる方向を向いていると、ストレスを感じたり、なかなか思う様な成果が得られない為、「こうしたい」と思った最初の頃の意欲がなくなりって行ってしまうのです。最終的には、本能的は無意識(潜在意識)の望む方に進んでしまします。

​この事は人が動物である以上、自然な事なのです。

​​うまく実現出来る場合

意識と無意識が同じ方向を向いている

上の例とは逆に、意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)が同じ方向を向いたらどうでしょうか。

同じ方向に進もうとする為、加速度的に目標に進んでいけますね。また、うまく行かない時に感じたストレスは感じず、達成感を感じます。また、目標に進んでいく事が出来る為、意欲の喪失も起こらず、逆に意欲が増して行きます。

「楽しくてしょうがない」感覚も誰でも経験した事があると思います。その感覚のまま、自分のしたいと思っていることに進む事が出来るのです。

この様な状態をスポーツの世界では「ゾーンに入る」と言う事もあります。その様な時は何をやってもうまく行きます。

​セラピー予約

​<1時間コース

セラピー中に1回の催眠セラピーを行います。

​<2時間コース

セラピー中の1回の催眠セラピーと自己催眠様の暗示文を作成します。

​<3時間コース

必要に応じ、複数回の催眠セラピーと自己催眠の暗示文を作成します。

​初めて当セラピーをご利用の方

​<2.5時間コース

初めての方は、こちらよりご予約をお願いいたします。

​催眠術を
体験されたい方

​<2時間コース

催眠術を体験した方はこちらから
ご予約ください。

​自己催眠
トレーニング

​<2時間コース

自己催眠を習得したい方はこちらから
​ご予約ください

​営業

9;00〜20:00

曜日による定休日はございません。
また時間外でのセラピーのご希望は
こちらよりメールでご連絡ください。

  • Twitter

メールアドレス:info@l-heart.com
電話番号:050−1299−5639
​メイン拠点:東京23区・神奈川県川崎市を中心に関東一帯

セラピー中で電話に出れない可能性があります。
その場合、留守番電話にメッセージを残すか、メールでご連絡ください。

電話でお話されたい場合、お問い合わせのメッセージ内に「電話連絡希望」と記載ください。

©2020 by 'L Heart' Proudly created with Wix.com